前へ
次へ

自分に向いている転職で営業求人を参考にする

営業求人で求められる人材は業種によって大きく異なります。
営業担当者と話す機会があって、なんとなくこの人は営業職に向いていないと感じる、ということもあるでしょう。
本人は向いていないことに気付いていないことが多いので、厄介です。
転職をする際に営業職を希望するという場合、自分にはキチンと出来ることなのかどうか、ということも考える必要があります。
自分のせいで犠牲者が出てしまうという可能性もしっかりと把握をしておく必要があります。
例えば投資関連の企業の営業職で顧客対応ができておらず、大きな損失を出すことになった場合、それを上司に伝えないという人もいます。
聞いた、聞いていないの世界になってしまうので、責任を取ることができないのであれば、別の業種への転職を考えたほうがよいでしょう。
営業求人をチェックして自分には向いていないから他の転職先を探すことを検討するのもよいでしょう。
そうすることで被害を抑えることができる場合もあります。

Page Top